フーとチシャ猫とイッパイアッテナ

  フーちゃんとチシャ猫の思うところをチョッピリと^▽^ でもイッパイはないかも^^;

プロフィール

チシャ猫

Author:チシャ猫

FC2ブログ初めてです

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

虫の知らせ?

2011/08/15(月)
写真をクリックすると大きくなります
  
先日、親しくさせて頂いた作家さんが
「8月6日に永眠しました」と
その妹さんからお電話を頂いた

実は電話を頂いく数日前
私は何の気なしに今となっては遺作となってしまった
「フィラデルフィア・ノート」を、暑くて眠れなかったので読んでいた

24CF6156.jpg

28CF6158.jpg 28CF6159.jpg

ヴィオラ奏者Scott Slapinのブログです
その中で親しいおつき合いをしている
「Hiroshi Iizuka and his violas.」とHiroshi Iizukaを紹介しています



私が手にしたのはちょうどその頃
虫の知らせというか・・・・・・・・
それこそ1年振りに手にした本だったにの、なぜその時電話もメールをしなかったのか
後悔ばかりが残り悔やまれる




作家と言っても執筆を生業としている訳ではなく
普通のサラリーマンが退職後にそれまで暖めていたものを
沢山の病と向き合いながらの執筆であった

33CF6160.jpg

筆者は定年前に胃ガンの手術で胃を全摘出。その時、脾臓も摘出。
24才の時、胆石症で切開手術を受けその時、胆嚢肥大で胆嚢摘出。
昭和40年前半、血液を売って生活する人が沢山いたという。
その時の輸血でC型肝炎、肝硬変。関連して
「食堂静脈溜」「糖尿病」

25CF6162.jpg 25CF6161.jpg
これらの病と折り合いをつけながら前向きに明るくパワフルであった




私が知っている作者は若い事から文学青年だった
子供の頃の記憶では大学は仏文科を専攻し、フランス語をペラペラっと喋っていた
(スワサンタン 勿論フランス語です)
学生時代はその学生生活、試験の事、アルバイトの事等を良く話してくれた
小学生だった私には大人の世界の様なまぶしさもあり憧れとなった
私が大学へ行きたい 学生生活をしてみたい!
と思ったのもこの時だった
(私が入った大学でフランス語専攻したがこれが命取り^^;
語学は全く身に付かなかった)

在学中にお父様が病に倒れやむなく商学部に転部されたと聞いている
卒業後就職し、程なくして(1~2年だったか3年だったか??)
ブルドーザー等で広く認知されている「K製作所」に引き抜かれ
そこで良い仲間、いい仕事に恵まれ
そこでの話しも学生時代と変わりなく、ぐいぐい引きつけてくれた
(私の職場の数台あるフォークリフトもこの製作所の最新型^^v)


退職後、弦楽器作者である弟さんの住む「フィラデルフィア」に遊びに行く為に
英会話スクールに通ったり、近くの農家から畑を借り
ジャガイモやサツマイモなどの農作業を楽しんだり
サイクリングに出て「収穫の籠から落ちてしまった落花生をもらって来た♪」
等と可笑しそうに話しをしていた
執筆以外にも本当に色々な事をして定年後を楽しんでいた


以前お会いした時に
「ボクの本が地域の作家の本と紹介されていた」
と書店の店頭に置いてあったと
ちょっとはにかんだ笑みを浮かべたのを今でも忘れない


20CF6164.jpg

心よりご冥福をお祈りいたします。


△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△



















Theme:今日のつぶやき。
Genre:日記

comments(-)|trackback(-)|アッテナ|2011-08-15_12:46|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。